私の友人は、20代前半から頭頂部が薄くなり始めるました。

それを隠す為に坊主に近い位に、髪の毛を短くしていました。そして、30代になる頃にはハゲと呼ばれる状態になりました。社会人になり、あまり髪の毛も短くしなくなったので、ハゲの部分が目立つようになったなと思います。

Man controls hair lossハゲの原因は睡眠不足、偏った食生活、タバコ、ストレスなど色々あります。友人の話では『原因は、タバコとストレスだ』という事です。また、一般的に禿げやすい体質が親子で遺伝すると言われたり、隔世遺伝するとも言われています。友人も父親みたくはなりたくない…とよく言っています。

友人は親子で一緒にいると、必ず頭を見られて『親子だねー』と言われてしまうそうです。父親に似たくなかった…と言っています。友人の母親はその様子を見て『遺伝だから、仕方がないねー』と笑っているらしいです。

他にも頭頂部のハゲの原因は、男性ホルモンの関係と言われて、毛深い人はハゲやすいと言われています。友人もまさしくその通りです。髪の毛だけが薄く、髭や腕、脚の体毛は凄く濃いんです。

同じ1人の人間の体なのに、なぜ頭と体で毛の量が違うのか、いつも友人に会う度に不思議に思っています。

若い頃からハゲで悩んでいる友人の気持ちを完全には理解してあげられないです。友人は、育毛剤に抵抗感があるみたいで使ってはいないみたいです。これから育毛剤とか、何かハゲの事でできる事があれば手伝いたいと思っています。

ポリピュアexは、スプレー方式なので使いやすいです